トップ製品アクセサリー>トールボーイ・小型スピーカー用サウンドステーションSS

商品のお買い求めについて

トールボーイ・小型スピーカー用サウンドステーションSS

振動放出が苦手な素材のボード

人工大理石ボードについて電話相談を頂きました。ただ材料を裁断しただけの寸法比の良くない物が殆どなので、畳やカーペットの時は別にして床がフローリングの場合は外した方が良いでしょう。

無難な傾向の音は”可もなく不可もなく”、能力的には中の下クラスです。更にレベルの高い音を希求するのであれば、インシュレーター共々ボードの見直しは避けて通れません。

では硬い御影石はどうでしょう。スピーカーの発した振動の殆どは反射してスピーカーに逆流し、そのぶつかり合いによって生じたピーク・ディップが、ある帯域に発生します。決して膨らんだ低音が出る事はありませんが、その音は固くキツイのが特徴です。

ゆるゆるの音に悩んでいる人にとっては、地獄で仏に出会ったかのように思えるかもしれません。しかし、時間が経って冷静になると、潤いのない対極の音に悩む事になります。

このようにハッキリとした口の開け方をすると角が立ってしまいますが、それが出来る立場にある者は消費者に本当の事を伝えなければなりません。これらは日本全国を回り、数多くのクリニックをこなして来て私なりに出した答えです。

何事も丁度良いのが良いのです。

答えはこの言葉に尽きます。

しかし、そこに至るまでが難しいです。ローゼンクランツ製品はどれも丁度良い所を狙って作っています。


スピーカーの足場はとても大切

長い電気経路を通り、スピーカーを動かすまでの力に成長したエネルギーも、音に化ける事を許されているのはスピーカーだけです。良くも悪くもオーディオとはスピーカーに頼るところが大きいのです。

その肝心なスピーカーの音楽を奏る環境を作ってやるのが、陰の功労者であるスピーカーボードやインシュレーター達です。足場の仕事は素早い振動放出が命です。その為には素材選びに始まり構造や形状等の優れた設計力が問われます。

”サウンドステーションSS”のDNAは、次の数字で構成されています。31.5、63、84、94.5、157.5、これらのカイザー数値は、どこからどこへでもスムーズなエネルギー移動が可能です。あるいは何周期目かに出会う関係にあるので、足並みが揃うと共にノリの良いリズムが得られます。正にカイザー理論の根幹です。

根太の幅をエネルギーの進行方向に向けて細くしてあります。優れたクロスパターン構造により、四方八方に振動が放出されます。倍音寸法のカイザーピッチで振動の起点を決め、ボタンヘッド・ボルトのネジ止め式だからリズムと抑揚感が出ます。

音の走り(木の呼吸)を殺さない、ドイツ製植物オイル(パインカラー)にて仕上げています。世にオーディオボードは数々ありますが、ここまで音楽と音を知り抜いた上で設計されたオーディオボードは、ローゼンクランツのサウンドステーションを除いて他にありません。音には圧倒的な自信があります。

Sound Station/SS
W332 D457 H49
\90,000(税別1枚)

ご注文、ご入金頂いてからの制作になります。
納期は約4週間です。
通常は組み立て式になっています。
加速度組立はペアーで20,000円プラスになります。

 

兵庫県S.B様のご要望によって、
この商品は誕生しました。

どんなサイズでも特注で承ります。
お気軽にご相談下さい。


購入についてのお問い合わせ
貸し出し試聴 詳しくはこちらへ
カイザーサウンド有限会社
担 当 貝崎 静雄(かいざき しずお)
E-mail info@rosenkranz-jp.com
Tokyo Tel 03-3643-1236
Fax 03-3643-1237
Hiroshima Tel 082-230-3456

戻る




サウンドステーション3/SSの感想

------ Original Message -----
From: "Y.F"
To: <info@rosenkranz-jp.com>
Sent: Sunday, September 15, 2013 19:07 PM
Subject: サウンドステーション3/SSの感想

お世話になります

設置して一週間程になります。

で、感想なのですが、どう表現していいのやら・・・

インシュレーター等は、ある意図というか目的が解りやすいのですが、

サウンドステーションの目指す物は何か?

と、逆に質問してみたいです。

率直にすばらしいです。


設置して初めて音出しした瞬間に部屋の空気が変わります。

何がどう? と言っていいのやら・・・。

はっきり判る事は、(自分にとって満足いく表現とは言えませんが)

一つ一つの音色が重厚になった?というか、

金属・木・肉声等、

それぞれの質感、量感がすごく、

その重なりというか、

ハーモニーが非常に奥深くなったと思います。

そしてよく言われる、

”スピーカーの存在が消える”の完璧版と言ったらよいのか・・


初めて聴いた時は、スピーカーを替えたかのように感じました。

実際は、これだけで説明つくような内容ではないと思います。

オーディオボードでなく、

サウンドステーションと名付けられた事に納得いきます。

兎に角、私のサウンドステーションに対する感想は、

音楽が流れた一瞬で部屋の空気感を変えてしまう事だと言えます。


(追加ですが、古い作品を聴くとなぜかその時代の空気感が漂います)

うまく表現できなくて申し訳ないです。

今回、何を購入するか? 幾つかの候補があり悩みましたが、

サウンドステーションにして正解だったと感じています。

本来ならば、一番最初に導入するべき製品なんじゃないかと思いました。

Y.F



戻る